薬剤師継続学習通信教育講座の概要

一般社団法人日本女性薬剤師会薬剤師継続学習通信教育講座(旧診療ガイドライン・薬剤コース)

薬剤師継続学習通信教育講座の概要

『患者のための薬局ビジョン』が、厚生労働省から公表され、『健康サポート機能』を有する『かかりつけ薬剤師・薬局』が求められています。『服薬情報の一元的・継続的把握』『24時間対応・在宅対応』『医療機関等との連携』など薬剤師に期待されることが明確になっています。
 しかし、考え方を変えれば、薬剤師として最も基本的な「調剤・医薬品の供給その他の薬事衛生をつかさどる」という薬剤師法第1条を『国民のために行う』という当然の仕事です。そのために、必要なスキルを激動の医療の進展に合わせ、学んでいくために、本通信教育講座の受講をお薦めします。

一般社団法人日本女性薬剤師会研修講座 平成25年度薬剤師継続学習通信教育講座(旧診療ガイドライン・薬剤コース)

詳細パンフレット〔PDF版:1.5MB〕

学習疾患スケジュール (平成30年度:平成30年4月~平成31年3月)

平成30年 第1回: ピル/正しく理解・正しく服用
  第2回: 食道がん/患者に合わせた4つの治療
  第3回: 糖尿病性腎症/腎障害時の薬物療法と栄養
  第4回: 総合失調症/副作用に対する患者指導
  第5回: 小児の在宅医療/現状と問題点
  第6回: クモ膜下出血/前兆を見逃すな!
  第7回: 肥満症/肥満症予防と肥満の関連疾患
平成31年 第8回: 加齢に伴う身体の変化(3)/呼吸器系…階段の昇り降りがつらくなるとき

※8・9・2・3月はスクーリング講座への出席と復習にあてる。
注)学習スケジュールは、予告なく変更することがあります。

通信教育講座・小論文研修講座の受講の流れ

従来の学習に新シリーズを追加、さらに内容が充実!!

募集要項について

ページのTOP